俺の好きなジェビトラ
強さを知って欠かせないレビトラジェネリック

同一効果のジェビトラ

レビトラとは、国際的に初めて誕生したバイアグラに次いで誕生したED治療薬であり、国内で承認されたのは2004年の事になり最大の特徴を効き始めまでに掛かる時間を短縮した事で素早い効き目を期待する事の出来る即効性となり、投薬後から多少の個人差は生まれますが30分程で効果を期待する事ができ、同系統の薬剤の中でも最も素早い効き始めとされ、この特徴により利便性は高まり急な性交となる際でも用いる事ができ多くの場面で役立てる事が出来るものになっています。
又、レビトラ自体の特徴として、その剤形は円形の薄い黄色がかったオレンジ色となり又、薬価の基準が無い未収載医薬品となるので保険適応を受ける事が出来ず自費での治療費負担となる事となり、国内の何処の医療機関に受診してもこれが変わる事はありません。
国際的には2003年に誕生したものになるので2016年現在でも特許の権利が附随した医薬品でありその期間を継続中となる為、本来であれば後発薬に位置づけられるものは存在しないはずですが、国際条約上あるいはその国の法律により製造出来るのが印度であり、特許期間に有りますがレビトラジェネリックであるジェビトラ等の製品を製造販売をしており、同一成分としており用量の規格は国内で認められているものよりも増量されており20mg、40mg、60mgの用量規格での販売となり、日本を始めレビトラを承認している国でもジェビトラ等のレビトラジェネリックは未承認となるので国内での入手は出来ず輸入に頼るのみとなっています。
成分バルデナフィル塩酸塩水和物はその性質が水に溶け易いとしているので上述した即効性を期待する事ができ、またその作用時間も最大10時間(20mg投与の場合)とし、勃起抑制酵素となる5型ホスホジエステラーゼを阻害する事により血管を拡張する役割のあるcGMPの優位性を高める作用により多量の血液を海綿体へと流入させる事ができ、硬度が有る勃起状態の発現や維持が行える様になります。
先行するものと用量を異するレビトラジェネリックであるジェビトラ等は持続性も異なり、低価格での内服を可能としていますが不安を抱く際には医師に相談する事を推奨します。

▼参考サイト
 レビトラジェネリックのジェビトラ購入はこちら│お薬110番